SAT

SAT Subject Math Level 2の勉強法

こんにちは、まゆうです!

今回は、アメリカの統一試験であるSATのSubject testにおけるMath Level2の勉強法をご紹介したいと思います!

SAT Subject Math Level 2のスコア

私はSAT Subject test Math Level2において、満点の800点を獲得できました。

帰国子女入試で慶應義塾大学の経済学部を志望している方の望ましい点数は満点の800点らしいです。経済学部では数学を使いますので、ここで数学が得意なことをアピールするために必要な満点ではないかと思っています。

私はMath level2で800点を取り、無事慶應の経済学部に合格できました!

※2018年12月1日に受けた時のスコアです。

勉強に取り掛かる前にすべきこと

テストで出る範囲を確認する

まず初めにすべきことは、SATのsubject testにおいて、数学のどの範囲が出るかを確認することです。

SATを主催しているcollegeboardのwebサイトに行くと確認できます。

https://collegereadiness.collegeboard.org/sat-subject-tests/subjects/mathematics/mathematics-2

こちらのリンクから飛べば、以下の続きが見れます。

勉強スケジュールを立てる

私は、SATを受ける日から逆算して、どの分野に何週間充てるかを確認していました。

例えば、SATを受けるまでに11週間あったとすると、配点の高いAlgebraに3週間、Geometryに3週間、Number and operationsに1週間、という風にしていました。

これは私が作ったword documentをスクリーンショットしたものです。このように表にすると自分のすべきことが明確になるのでおすすめです。

SAT Math Level 2の勉強法

私は実行していた勉強法は以下の二つです。

参考書”The Official SAT Subject Test study guide”を解く

この参考書は公式が出しているものです。私は参考書は圧倒的に公式派です。

ここに、テストがどういうものか・テストでどの範囲が出るか・練習問題などが載ってますので、満点を狙うには絶対に持っておいた方がいいです。

ここで実際に問題を解いて、自分の苦手分野や問題の形式などを把握しましょう。

また、解けなかった問題は解説を読んで解き方を理解しましょう。そして印をつけておいて、時間をおいてまた挑戦してみましょう。

Khan academyにお世話になる

みなさん、Khan academyをご存知でしょうか?

Khan academyとは、YouTubeにKhanさんという方が教育系の動画をあげたことから始まりました。

今では自身のサイトを持っており、https://www.khanacademy.org/ お金がない家庭の子どもでも、世界中の誰でも教育が手に入るようにしたい、という信念のもと活動されています。

特に数学の動画が充実しており、私にとっても大変役に立ちました。Khan academyのおかげで大学に受かったと言っても過言ではないです。

“The Official SAT Subject Test study guide”の参考書で自分の苦手分野を把握した後に、Khan academyの動画を見て、各分野の理解力を深めるという勉強方法をお勧めします。

画面左の”Learn”の下二つで動画で説明があり、右の”Practice”で自分で解ける問題がでてきます。”Start”を押せば問題が出てきます。

SAT Math Level2で出る範囲はほとんどKhan academyの動画で勉強ができますので、使わない手はないです。

普通のSAT Mathとの違い

SATにもMath sectionがありますが、違いがあります。

Subject testのmathは日本や海外の中学・高校で習うような数学が出てきます。

一方SATのmathは、「数学的に考えられるか」を試しているので、普通の数学の問題というよりは、少しひねった、頭を使う問題が出てきます。

ですので、SATのMathができればsubjectのmathもできる、という訳ではなく、別々に対策が必要なものだと考えた方がいいと思います。

最後に

いかがだったでしょうか?

私が満点を取れたSAT subject math level2の勉強法でした。

最後までお読みいただきありがとうございます!