大学生活

新生活準備編:携帯の契約とクレジットカード

大学の試験が終わり春休みになりました。

勉強やレポートに追われることのない2ヶ月間の大きなお休みを最大限満喫しています笑

ですが、もう大学一年生が終わってしまったと考えると、のんきでばかりはいれず、焦りや不安も覚えてきます笑 この一年何もしてない気がするけど、コロナのせいにしておこう。。

最近は自分を安心させるために少しだけ簿記の勉強をしています!せめて少しでも生産的なことをしなくては

さて、もう一年が経ってしまいましたが、去年ドイツから日本に帰国し、新生活の準備のためにしたことを振り返ろうと思います。

本帰国初日と次の日にやったこと

2020年4月から東京で大学生活を送るため、3月中旬に本帰国しました。

両親はまだドイツに残るため、私は大学直営の寮に入りました。

家具付きの寮だったので、事前に用意するものは身の回りのものとお布団ぐらいで済みましたが、帰国してからは日本での生活を整えるための準備が大変でした。寮ではなくマンションで一人暮らしだったらもっと大変だっただろうと想像します。。

母が3週間ほど一時帰国して手伝ってくれました。

帰国してまずやったことは携帯の契約とクレジットカードの発行でした。

一時帰国の時や受験のために4ヶ月ほど帰国していた際は、ポータブルWi-Fiをレンタルしていましたが、電話を使うことができなくて不便だったので、本帰国で携帯を契約し、日本の電話番号がもらえるのはテンションあげあげでした!

今まではずっと親と一緒に住んでいたのでお金の心配は必要ありませんでしたが、一人で暮らすにあたり、いざという時に困らない為にクレカが必要でした。

政府によるキャッシュレス推進やコロナの流行が始まったりしていたのでクレジットカードを持つことは必須でした。

携帯の契約

携帯本体は海外でSIMフリーのアイフォンを使っていたので、格安SIMを契約することにしました。

YmobileUQmobileで悩んで比較したのですが、去年の3月時点では値段とサービス内容に両者の差はほぼありませんでした。

繋がりやすさは気がかりでしたが、その差はネットを調べてもよくわからなかったので、CMソングが頭に残っていたYmobileを契約することにしました笑

1年間使ってみて特に不便を感じていないのでYmobileで正解だったと思います。

自動的にYahooプレミアム会員になるので、ヤフーショッピングでの買い物や、PayPayのキャンペーンの時に優遇されるなどのメリットもあるので気に入っています。

この春からは携帯電話料金の見直しで各社お得な新プランが提案されているので、今から新しく契約する場合はまた違う選択をする方が良いケースもあるかもしれません🤔

私も別の会社に乗り換えた方がお得か、一度じっくり検討しよう、と思っています。

クレジットカードの発行

親権者の同意があれば未成年でもクレジットカードを作ることができます。

私は姉の勧めでエポスカードを作りました。

姉のオススメポイントは

1、年会費が永年無料

2、シダックスやビックエコー、カラオケ館でルーム料金の30%引きの特典が受けられたり、魚民やロイヤルホストやサーティワンアイスクリームなどで飲食代金の割引なども受けられる

3、最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯されている

でした。

姉は大学在学中、何度も海外旅行をしていましたが、事前に手続きをしなくても海外旅行傷害保険が付帯されるのでとても便利だし、旅行代理店に支払う保険料も節約できたと喜んでいました。 エポスカードで支払った旅行だけが対象なのではなく、ただ持っているだけで良いなんて、年会費永年無料なのに控え目に言って最高なので大学生が最初に持つクレジットカードとしては良い選択だと思います(早く新型コロナの流行が収まり海外に行ける日が来ますように。。

今まで現金しか使ってこなかったので、クレカを持つ前は「使いすぎたらどうしよう?」「不正利用されたらどうしよう?」と不安も覚えましたが、Web明細を見ると何にお金を使ったのか一目瞭然なので家計簿をつける手間もかかりませんし、クレカ決済の度にメールでお知らせが来るので知らないうちに誰かに使われちゃった、ということになってもすぐにカード会社に連絡すれば全額補償されるので安心です。

クレカで支払いをするとポイントが貯まるぶん、現金で決済するより少しお得だし、PayPayなどのQRコード決済を紐づけてしまえば「現金以外お断り」のごく一部のお店を除いてどこでも決済できるので、私は日常でほとんど現金を使うことがなくなり、とても便利で快適です♪

未成年者が携帯を契約するのには本帰国してから来店する必要がありましたが、クレカはネット申し込みで完結するし、申し込んでから発行されるのに少し時間がかかるため、ドイツ出発の2、3日までに済ませていても良かったんだろうなあと思っています。

こちら↓からエポスカードを発行できます

余談です笑

未成年だった私が携帯を契約するためには、住所の入った身分証明書が必要だったため、帰国して一番最初にしたことは住民票の写しを取るべく転入届の提出でした。 転入届提出にあたり「横浜市」「転入」「海外から」などのワードでググって必要書類はバッチリ揃えて意気揚々と横浜市役所を訪れました! が、転入届の提出先は「市役所」ではなく「区役所」でした! 遠いところ電車に乗って出かけたのに、歩いていける区役所で手続きできるなんて泣 こんなおっちょこちょいは私だけかもしれませんが、皆様、お気をつけください笑