まゆう英語ブログ
帰国子女で現役慶應大学生の私が発信します!
帰国子女受験

帰国子女大学受験の流れを徹底解説!

こんにちは、まゆうです!

今回から、帰国子女大学受験についてのコンテンツを充実させていこうと思っています!

まず初回は、帰国子女大学受験の流れを時系列に沿ってまとめたいと思います。

  1. 来年受験だけど、受験期ってどんな過ごし方になるんだろう?
  2. いつから面接対策を始めるの?
  3. 志望理由書の作成は何月頃がピークなの?

など、母数が少ないため情報がなかなか手に入らない帰国子女受験にまつわる疑問を解消できる記事になっていると思います!

受験前にだいたいの流れを知っておきたい方必見です!

ではさっそく始めましょう!

帰国子女受験の流れ:帰国前

①統一テスト対策 (2年前〜)

帰国子女受験は準備期間がたっぷり与えられます。

書類として提出する統一テスト(SAT、TOEFLなど)などは、指定された期限内に受けたものが有効になるので、何度でも受けて点数が高いものを提出することができます。

その期限はだいたい受験する年の2年前から有効と長く、対策する時間はたっぷりあります。

例えば、2020/2021年度の慶應ですと、2018年8月から2020年6月31日までに受けたテストであればいずれも有効になります。

 

帰国子女受験は受験年の2年前から始まっていると思えと塾の先生に言われていました!

受験生として過ごす期間が一般受験生よりも長いと言えると思います。

  • この期間に受験に向けてできることは試験対策のみ!
  • 勉強してテストに望んで、できるだけ高いスコアを大学に出せるようにしよう!

②書類集め (3〜5月)

さて、帰国前になると必要な書類を集めることで忙しくなります。

受験する年の3〜5月にかけて、受けたい大学の受験要項を確認し、

  • 卒業証明書のコピー
  • 推薦状
  • 成績証明書

などの書類集めに取り掛かります。

本命の大学だけでなく、滑り止めの大学も受けるため、たくさんの大学の書類を集める必要があります。

書類漏れなどがないようにチェックするのはとても大変な作業です。

書類不備で受験ができなかったということがないように、必要な書類を持って帰国できるようにしましょう。

  • 書類集め
    • 学校の先生も他の生徒の書類作りで忙しいので、余裕を持って早めに頼みましょう!
  • 受けたい大学の募集要項をチェック
    • 大学によっては特殊な書類が必要なこともあるので念入りにチェックしましょう!

帰国子女大学受験の流れ:帰国後

③予備校スタート(6月下旬)

ここからはいよいよ帰国したあとの段階になります。

6月下旬から予備校の授業が始まります。

予備校のガイダンス

始めの頃はガイダンスばっかりで退屈です。

教科書が配られたり、学力テストがあったり、クラス分けなどが行われます。

進路決め

また、担任の先生と受ける大学について相談したり、大学のwebエントリーなどが始まります。

私の通っていた予備校では、本格的に小論文や英語の授業が始まったのは7月からでした。

この時点では受験はまだ先なので、みんなリラッスクして和やかな雰囲気です。

  • 予備校でガイダンスがスタート(受験の心構え、受験の注意点、授業などの説明を受ける(ちょっと退屈))
  • 進路相談(担任の先生と相談しながら受ける大学を固める)
  • 大学のwebエントリー(書類不備がないか担任の先生にチェックしてもらえる)
  • 志望理由書を書き始める

④書類提出 (7月上旬)

志望理由書

いよいよ受ける大学や学部が決まると、志望理由書を書き始めます。

大学のパンフレットを見て授業を調べたり、将来の夢や目標を捻り出したり、結構時間がかかるし大変な作業です。

書類提出

Webエントリーとは別に紙の書類を大学に提出する必要があります。

これめっちゃ神経使います。。

なんども何度も受験要項を確認して、不備がないかを調べ、ドキドキしながら郵便局へ持って行き、郵送します。。

小論文の授業がスタート

この時期から小論文の授業がスタートします。

作文と小論文の違いとはなにか、など、初めて習う人にも分かりやすく授業が進んでいきます。

  • 志望理由書完成
  • 書類提出
  • 小論文のいろはを習う

帰国子女大学受験の流れ⑤ 帰国:授業が本格的にスタート (7月下旬)

小論文と英語の授業

予備校の授業はだいたい朝9時から夕方4時くらいまであります。

毎日授業があるので高校に通っている気分でした。

初めての小論文に大苦戦し、うまい小論文を書いて模範解答として紹介されていた生徒が神様に見えてました。。

小論文を書いたら後日評価が返ってくるのですが、(A,B,C,Dの4段階評価)7月の間はCばっかりで、毎日凹んでました笑

本番までに小論文がうまくなるのだろうか。。とこの時期結構病んでましたね笑

  • とにかく小論文
  • 小論文うまい人が神様に見える
  • 結構凹むことが多い
  • 小論文で頭いっぱい

⑥面接対策スタート (8月上旬)

8月に入ると、「もう予備校入って1ヶ月も経っちゃった!」と「受験まであと1ヶ月しかないじゃん!」という焦りから精神的な余裕がなくなってきます。

引き続き小論文

受験の年の夏は小論文に捧げました笑

7月に引き続き小論文、小論文、小論文。。

こんなにも小論文を書くことは生涯ないです。。

面接

この時期から面接のガイダンスが始まります。

実際に面接の練習が始まったのは8月中旬頃と記憶してます。

ICUのグループディスカッションや、面接の練習入れる

本気モードになる

8月に入るとみんな結構焦ってきて、真剣に勉強に取り掛かるようになっていました。

自習室なども結構埋まっており、結構みんなピリピリしはじめてました。

  • 面接
  • ガチモード
  • ぴりぴりしてくる

帰国子女大学受験の流れ⑦ ラストスパート (8月下旬)

8月の終わりはみんなお尻に火がついたように勉強します笑

9月の始めにはもう早稲田と慶應の試験があるので、みんなとりあえず初めての受験に緊張していました。

そしてみんななぞのテンションになり、なぞの団結感も生まれます笑

帰国子女大学受験の流れ⑧ 格差 (9月上旬)

9月上旬になると、受験に受かる人が出てきます。

受かってない人たちは焦りが出てきますし、残念ながら落ちた人もいるのでちょっと空気が重たくなります笑

第一志望に受かって、予備校に来なくなる人が出てきたりするので、まだ大学に受かってない人もちょっと脱力感が出てしまいます。

そしてなんかうつになってる人が多かったです笑

帰国子女大学受験の流れ⑨ ガチモード (9月下旬)

ここら辺でICU、上智、MARCHの受験や合格発表が続きます。

この時期は本当に精神的に辛いので、心を強く持つ必要があります笑

気を抜いたら全落ちしたらどうやって生きていこう。。なんて思考に陥ります。

合格発表はとにかく怖いですし、落ちたら自分を全否定されたかのようでめっちゃ凹みます。

帰国子女大学受験の流れ10 国立組 (10月下旬)

10月下旬になると私立組が抜けますので、生徒数が半分くらいになります。

私は私立で抜けたのでここから先はわかりませんが、国立組が2月の受験に向けて勉強する、という流れになります。

最後に

帰国子女受験は以上のような流れになります!

いかがだったでしょうか?

ニュースやドラマなどで見てイメージが掴みやすい一般受験とは違い、帰国子女受験は未知なものであるという方も多いと思います。

こちらの記事が、少しでも帰国子女受験のおおまかな流れを掴むことに繋がったら幸いです!

最後までお付き合いくださりありがとうございました!